部位別

育毛剤はスプレータイプ?塗るタイプ?

育毛剤を購入する際に有効成分をどのような形で、頭皮に与えるのかという違いもあります。
その方法としては、スプレータイプか塗るタイプのもののどちらかに分かれます。
どちらにもメリットやデメリットがあるので、症状や使用感によってどちらがいいのか決めるのがお勧めです。

スプレータイプを使用している人の一番のメリットは使用感です。
噴射して有効成分が頭皮にいきわたるため、爽快感がえられます。
育毛剤を使用する際に、気持ちいと感じることは、頭皮をリラックスさせる効果も得られます。

そして何よりスプレー式の場合は、簡単に使用することができるということです。
頭皮は自分では確認できにくい場所になります。
なのでなるべく簡単にできる物の方が人気が高まっています。

手軽にできることで、毎日継続的に使用することができるので、しっかりとした効果が得られやすいといえます。
デメリットは使用方法の誤りです。
育毛剤は頭皮にしっかり行き届くことで効果が得られます。

スプレータイプで遠くから吹きかけることで、髪ばかりに有効成分が降りかかってしまい、頭皮にいきわたらない場合があります。
スプレータイプを使用する際には、必ず頭皮にいきわたるように髪の毛に気をつけて使用するようにしましょう。
またスプレータイプの方がコスト的に高くなる場合が多いということです。

スプレータイプの方がポンプなど作成しなくてはいけないので手間暇がかかります。
その分コスト的に費用がかかりやすいです。
しかし最近ではスプレータイプの商品も増えてきたため、発売当初よりも価格的な負担も少なくなりました。

スプレータイプに比べて、多くの商品に使用されているのが塗るタイプの育毛剤です。
ローションタイプのものからジェルタイプ、中には泡タイプのもの販売されています。
塗るタイプの育毛剤は、直接頭皮に触れる形で使用します。

なので一番メリットは、確実に頭皮に有効成分をおくることが可能だということです。
また生え際や頭頂部などピンポイントの薄毛に悩んでいる人は、確実に必要な頭皮に栄養素を送ることができます。
なのでより効率よく必要なところに栄養が行き届きます。

デメリットといえば、使用しにくいと感じる場合があることです。
スプレータイプに比べると頭皮にふりかける回数が増えるので、何度も育毛剤を使用しなくてはいけません。
忙しい時などは時間や手間がかかると感じる人もいます。

このページの先頭へ