部位別

育毛剤だけじゃ髪は生えない?もっと大事な睡眠の話

育毛剤の栄養素を最大限に生かすためには、毎日の生活習慣を見直す必要があります。
中でも薄毛と大きな影響があるものとして、睡眠があげられます。
毎日十分な睡眠がとれていると実感できる人が少なくなっています。

仕事などで残業が多かったり、仕事で接待などが多く遅くまで帰宅できない人もいます。
体は疲れていても、精神的に不安定で睡眠不足になる人もいます。
今はとても便利な時代になったので、24時間営業しているお店も多くなり、生活にも大きな影響を与えています。

様々な理由によって多くの人が睡眠不足になったり、良質な睡眠を確保できなくなっています。
睡眠不足は多くの病気に影響しますが、中でも薄毛にはとても影響があります。
そのため、薄毛対策に育毛剤を使用していても、睡眠不足の人は思ったような効果を得られない場合が多いです。

それでは睡眠不足が薄毛にどのような影響を与えているのでしょうか?
人は寝ているときに成長ホルモンが一番活性化します。
昔から寝る子は育つとよくいわれています。

それには睡眠が成長ホルモンの分泌に大きな影響力があるからです。
成長ホルモンは、睡眠後30分~3時間以内が最も分泌が高まります。
それは睡眠が深くなければ、その分成長ホルモンが分泌してくれません。

その成長ホルモンの働きが、髪の育成に働きかけてくれます。
なので睡眠をしっかり確保することが大事です。
ただし成長ホルモンは体の生命維持のために必要な部分から重要視して働きます。

心臓や内臓・血管などを優先して成長ホルモンが活発に働き、疲労の回復を行います。
そのため、生命維持に影響を与えない髪は、優先順位からはずれ後回しになってしまいます。
なので良質な睡眠を確保しなくては髪の成長を手助けすることができません。

一番成長ホルモンが活発になる時間帯に不快睡眠を確保するためには、6時間以上の睡眠時間が必要です。
短くなるとその分、成長ホルモンの分泌が少なくなり、さらに髪に行き届くことなく終わってしまいます。
なので良質な睡眠をえることで、成長ホルモンを髪にまで働くようにしなくてはいけません。
そうでなければ、髪に必要な栄養素を含んだ育毛剤の効果を得ることができません。
育毛剤の効果を得るためにも、毎日の生活習慣の中で睡眠はとても重要です。
育毛剤だけでなくいくもシャンプーも併用することで、より一層効果的です。

このページの先頭へ