部位別

育毛剤の効果を無駄にしない、髪によい食べ物は?

薄毛に悩む人の多くは、育毛剤を使用しています。
育毛剤の効果は人によって異なります。
似たような薄毛の特徴で同じ育毛剤を使用しても、はやく効果があでる人と、でない人に分かれます。

髪の毛のサイクルの違いもあげられますが、毎日の食生活も薄毛には影響があります。
食事で摂取した栄養素は、体を作り上げる大事な栄養素になります。
その栄養素が偏ったものの場合、髪とって悪影響を与えてしまい薄毛の原因となってしまいます。

その逆に髪にとっていい栄養素を積極的にとることで、髪の成長を助けつつ育毛剤の効果をより高めることにつながります。
なので毎日の食生活によって、使用している育毛剤の効果も左右されるという事がいえます。
よりよい効果を得るためにも、毎日の食生活はどのように気をつけたらいいのでしょうか?

髪にとっていいものはバランスがいい食生活を意識するということです。
特に脂質を過剰に摂取しないように気をつけて、昔からの日本食が髪にとてもいい事が分かっています。
その中でも意識で気に摂取していきたいものとして、ビタミンBがあげられます。

ビタミンBは具体的に食品であげると、豆腐、納豆、のり、わかめ、レバー、牛乳などがあげられます。
ビタミンBは、新陳代謝をあげる働きがあるので、髪の成長のサイクルを整える働きがあります。
薄毛の中でも頭皮のべたつきが気になる人もいるでしょう。

そういった人には、ビタミンBは皮脂の分泌をおさえてくれるので、頭皮の毛穴を詰まらせることを防いでくれます。
そして、頭皮の血行の促進に効果的な成分がビタミンCです。
そして皮脂過剰分泌を抑える働きもあります。

ビタミンCが含まれている食べ物としては、赤・黄のピーマン、ゴーヤ、レモン、アセロラ、キウイフルーツなどがあげられます。
特にタバコを吸う人は、吸わない人に比べてビタミンCが減少してしまっているので積極的に摂取していきましょう。
また同じく血行促進の効果として、ビタミンEがあります。

玉ねぎやニンニクなどが代表的な食材で、頭皮の血行を促進しつつ、育毛に重要な毛母細胞の働きを活発にしてくれます。
そのほかにも、魚などに含まれるカルシウムは、髪の毛にツヤを与える働きがあります。
また肉などに含まれるたんぱく質も髪の毛を作るために必要な成分です。

このように髪のとっていい食べものをあげていくと様々な種類があります
なのでその食品もバランス良く摂取することが大事になります。
中にはたんぱく質など、とり過ぎると悪影響を与えてしまうものもあるので注意しましょう。

このページの先頭へ