部位別

育毛剤と香料

昔に比べて薄毛に悩む人が増えたことで、多くの需要が増えました。
中高年になると老化現象が始まり、髪が生える毛母細胞も衰えてしまいます。
そこで中高年向けに、育毛剤が開発されるようになりました。

当時の育毛剤というと、べたつきがったり有効成分が含まれた独特のにおいがしていました。
そのため育毛剤を使用している人は、通りすがったり近くによると独特なにおいがして嫌がられることもありました。
昔の育毛剤は、天然の生薬などを使用して作られているものがほとんどでした。

より効果的なものほど薬のようなきつい匂いの商品もありました。
そのためか育毛剤はくさいというイメージがついてしまって、育毛剤の使用をあきらめる人もいます。
日本人は特にそういった嫌悪感をあまり表に出して言うということが少ないです。

特に若い男性では、周りの女性の目が特に気になる年頃です。
なので若い男性でも薄毛だけど、香料などから育毛剤を使うことを避けている人もいました。
また育毛剤を使っているということを知られるのもいらだという人も多いです。

最近の育毛剤はそういった観点から、香料などを使用していない無香料のものが多いです。
無香料の天然成分を使用し、余計な香料などを使用しないようにしています。
女性の育毛剤の中には、柑橘系の成分を使いさわやかなにおいがする育毛剤もあります。

そういった香りであれば、男性でもさわやかな印象になるので、育毛剤とは思われないでしょう。
ただし無香料が多いのは、シャンプーhttp://www.jobshoptechnology.com/hennnanioi.htmlやコンディショナーなどで気に入った匂いがあって使用している人もいます。
そういった匂いを大事にするためにも無香料の方が、匂いが混ざることなく使用することができます。

育毛剤の中には、独特なにおいを消すための香料などを使用している場合もあります。
添加物が含まれているものは、頭皮に負担がかかってしまう場合が多いです。
そのため添加物の香料を使用しているものは避けるようにしましょう。
無香料でもエタノールやパラペンなどの成分が使用されているものは、匂いを感じる場合もあるので成分表示を確認してから購入しましょう。

このページの先頭へ