部位別

育毛剤の効能

薄毛に悩む人は、毎日髪の毛を気にしてしまいます。
髪のセットも整髪料などを使用して、薄毛が目立たないようにセットしている人が多いです。
もちろん薄毛は誰にも気づかれたくないと思うのが、当然の心理でしょう。

しかし、何気ない毎日の生活の中で、薄毛の進行を促進してしまっている可能性もあります。
育毛剤は正しい方法を使用して、毎日の生活を改善することでより効果が表れます。
育毛剤には薄毛の原因によって、使用するタイプが異なります。

男性型脱毛症が原因の人は、男性ホルモンを抑制する効果が含まれています。
男性ホルモンが過剰に分泌してしまうと毛穴を詰まらせてしまい、毛根に必要な栄養行き届かなくなり抜けてしまいます。
なので男性ホルモンの抑制は、頭皮の環境を整えで、男性ホルモンのバランスをとってくれます。

また全体的に髪の毛が弱ったりうすくなってしまっている人には、育毛剤で血行を促進させるものがお勧めです。
髪の毛に栄養がいきわたらない要因の一つに、頭皮の血行が悪くなってしまっていることがあげられます。
なので頭皮の血行を良くすることで、頭皮の細胞が活発に働くという効果が期待できます。

最近の育毛剤で増えてきているのが、毛母細胞に直接働きかける成分が含まれている育毛剤です。
独自の研究をかさねて、髪のもとになる毛母細胞に刺激を与えてくれます。
そうすることで 髪の成長期をながく保つことができたり、発毛に刺激を与えることもできるタイプもあります。

各メーカーによって特徴があるので、成分内容などを確認してみましょう。
多くの育毛剤が発売されている中で、どのような商品を選んだら効果的なのか難しい場合があります。
自分の薄毛の原因をしっかり把握し、それに適した成分を選ぶようにしましょう。

そして育毛剤の効果は人によって異なりますが、すぐに効果が得られるものはありません。
半年から1年は使用して、長い目で効果を期待しましょう。
人によってはかゆみなどの副作用を感じた人は、使用はやめましょう。

このページの先頭へ