部位別

育毛剤とブラッシング

毎日のさりげないことでも薄毛の要因になっているということを忘れてはいけません。
そしてもう一つ毎日行っていることで、薄毛に関係することがあります。
それがブラッシングです。

ブラッシングは毎日朝起きたときなど髪形を整える時に行う人が多いです。
このブラッシングを行う時間とブラッシングの仕方によって、薄毛を悪化させたり、育毛に効果がある場合もあります。
ブラッシングは、何気ないことですがとても重要な役割をしています。

まず一日の生活の中で一番ブラッシングを行うべき時は、お風呂に入る前です。
ブラッシングは、髪をとかすだけではなく髪や頭皮の汚れを落とすという意味があります。
もちろん髪がからまったりしているのを防ぐ効果もあるので、頭皮や髪にとってはとても重要です。

特にお風呂の前に髪をとくことで、髪の毛を洗う前にブラッシングで汚れを落とすことができます。
だからと言ってブラッシングで頭皮をゴシゴシと汚れを落とすようなことはしてはいけません。
ブラッシングを強くしてしまうことで、頭皮に強い刺激を与え過ぎてしまいます。

すると頭皮が強い刺激によって固く凝縮してしまい、逆に血管も凝縮して逆効果になってしまいます。
それでは効果的なブラッシングの方法http://soundness.jp/buraxtusinngu.htmlとしては、まず毛先のやさしいブラシを選ぶということです。
頭皮に触れた際に強い刺激になりにくいように、ブラッシングの先がまるくなっているものもあります。

また髪の毛を何回もとかしていると、摩擦が発生して静電気を生み出してしまいます。
摩擦が増えてしまうと髪自体を傷めさせてしまうので、静電気防止のブラシを選ぶようにしましょう。
なので選ぶブラッシングに慎重になりましょう。

ブラッシング方法としては、頭皮にブラッシングの先が当たらないように気をつけて髪を溶かすようにしましょう。
髪の毛を無理に引っ張らないようにゆっくり髪をとかすようにしましょう。
髪が長い人は、毛先からブラッシングをしてだんだん根元からブラッシングするように心がけるといいでしょう。
お風呂上りのブラッシングのときには、頭皮に育毛剤をつけてから行うと良いでしょう。

このページの先頭へ