部位別

育毛剤は部位別で選ぶべき?

どの年代においても、毎日の生活習慣から薄毛になりやすいといわれています。
原因が様々なため、薄毛の症状も異なります。
薄毛は部分によって薄毛の原因が異なったり、育毛の仕方にも違いがあります。

薄毛を部類ごとに分けると、つむじや頭頂部がうすくなり頭皮が見えてしまう症状が多いです。
そのほかには、前髪の生え際がM字型や全体的に後退してしまう症状もあります。
そして全体的に髪が細くなりボリュームがなくなる場合もあります。

そして最後に抜け毛が増えてしまうタイプがあります。
例えば、頭頂部の薄毛の場合は血管が縮小してしまい、血流が悪くなってしまいます。
すると頭頂部に必要な栄養が行き届かなくなり、抜け毛や髪の毛が細くなったり成長しなくなり弱まってしまいます。

なので栄養素を多く含んだ育毛剤や、血行促進の効果があるものを選ぶことが重要です。
前髪など生え際の薄毛に悩む人は、DHTと呼ばれる男性ホルモンが生え際で活発に働いていきます。
このDHTは脱毛促進させてしまうため、DHTを形成するために必要な5αリダクターゼを抑制するすることで薄毛を防止することができます。

またすでに出来上がってしまっているDHTを撃退する成分が含まれている育毛剤も発売されています。
全体的な薄毛に悩んでいる人は、毛乳頭の働きが衰えていることが原因です。
毛乳頭は髪の成長に最も重要な役割を果たしています。

育毛剤に毛乳頭に効果的な成分が含まれることで、髪全体に栄養素が行き届き太く長い髪を作り上げます。
最後に抜け毛が多い人にとっては、髪の成長サイクルが乱れてしまっていることが原因といわれています。
本来よりも髪の成長が短くなってしまうことで、成長途中で抜けてしまう状態です。

しっかりと成長期絵を長く保つための栄養素を豊富に含んだものを育毛剤によって与えることで抜け毛をおさえることができます。
このように部分ごとに薄毛になってしまった原因は異なります。
そして必要としている栄養素や対策も異なります。
まずは自分の薄毛の原因をしっかり把握して、薄毛に効果のある育毛剤を使用しましょう。

このページの先頭へ